スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2015年04月07日

マルイ ナイトウォーリア トラブル修理

COMBAT DOLL の店主です。

小ネタで失礼致します。

マルイのガスブロのGMタイプ ナイトウォーリア での作動不良の修理です。

妙に暖かい日も増えてきましたので、そろそろガスガンにも良い季節となってきました。




まだまだ寒く感じる日もありますが。このパーツをマガジンに組み込むことで、安定した作動をさせられます。

メーカーホームページに、各温度帯での実射初速データもありますので、参考にして頂ければと思います。
 Xabier HP KEMUSI 解説

組み込みは、簡単ですので、容易に組み込めます。ご存知でなかった方は、是非お試しを!


さて本題ですが、症状としては、ハンマーをコックして、トリガーを引いてもシアが落ちなくなってしまったとの事でした。

アンビセーフティーの連結パーツが紛失してしまっていたので、中に落ちてしまって引っ掛かっているのかと思ったのですが・・・



原因はこれでした。最初はクラックが入っているのに気がつかなかったのですが、数回抜き差ししているうちにポロッと2つに・・・

トリガーバーと連動するディスコネクター(GM4-47)を押さえているシアーピン(GM4-61)がプラスチック製だった為に力負けで折れてしまっていました。

自分のミリタリーを確認したら、金属製でしたので、この機種のみプラのようです。初めて気が付きました。MEUがベースですので、そちらもそうだったか記憶がありません。もしかしたら初期モデルだけかもしれませんが、把握できていません。
ピン類は全て金属製だという思い込みがありました・・・ちゃんと見てないとダメですね。

純正パーツのストックが無かったので、スチールの棒から流用して作った物をはめ込ませて頂きました。

問題無く作動するようになりましたので、ホッと一安心です。

アンビセーフテー連結パーツの純正品は緩めですので、アルミ材から削って作りました。



荒削りですが、きつめにはめ込まれて、失くす心配は少なくしています。
内部にも落ち込んでいなかったので、ハンドメイドによる自作パーツです。

意外な落とし穴にはまる所でしたが、ピンが折れてくれるのが早かったので助かりました・・・
微妙な変形だけだったら、余分な所を弄ってしまっていたに違いありません・・・(汗!)

この銃のマガジンにも、KEMUSI を使用していますが、動きが全然変わります。
こちらのクライアント様は、お気に入りで、お手持ちのガスガンには、すべて組み込まれています。

今くらいの時期が、一番判り易いと思いますので、組み込んだ時の充実感を堪能できますよ。


     COMBAT DOLL 店主 中根

  奥山デイズにて定例会レギュレーション)  次回未定

  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00
  定休日 日曜日 年末年始  他 臨時休業あり

  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です 
  返信はHPのメールサーバーよりさせて頂きます

  
  


Posted by コンバットドール  at 20:00Comments(0)商品ご紹介ハンドガン BLK

2015年03月22日

マウント加工とバリカタ装着 次世代 SCAR-H

COMBAT DOLL の店主です。

今回もマルイ次世代ですが、SCAR-H になります。昨年末の作業品です。



本体は特に問題が出ていない状態だったのですが、マウントとの相性の不備での補修依頼でした。



画像のような尻上がりになるのは、エアガン用では普通です。
本物と違い飛距離が短いので、このような配慮で製作されています。

ですが、この左への傾きは頂けません・・・。
これだけ違っていると、スコープの調整範囲外になってしまいます。



同一メーカーのパーツだったのですが、こんな事もあるのですねぇ・・・(苦笑)
画像の部分が干渉してしまって、マウントが真っ直ぐ取り付けられない状態でした。
レールの溝幅に対して、マウントのシャフトが太い状態だったので、浮いてしまっていました。

シャフト部分の削り落としで対応しようとしましたが、実際には解消しきれませんでした!?



どうやら、アーム部分が変形していて、リング部分が傾いてしまっている状態です。
製造段階なのか、変形させてしまったのかは判別できません。
クライアント様も、そんなに力を掛けた覚えは無いとのことでしたので、初期状態だと推測します。
スコープの傾きを確認させて頂いたのは、昨年の定例会の段階でしたので、それ以後の変形は考えられません。
できる範囲での取り付け補正を行い、お渡しした状況です。

クライアント様には、最悪購入し直しをお勧めさせて頂きました。


そして、SBDの取り付けですが、クライアント様より、商品の指定での取り付けです。
ちょうど、ダーティワークスさんとの面識(直接お会いした訳ではありませんが!)ができた所でしたので、良いタイミングでした。



前回の記事でもご紹介させて頂きましたが、ダーティワークス製の「バリカタ」です。

ちょうど前回のSCAR-Lの修理の画像データを見て頂いて、スイッチ保護に対しての説明がし易いタイミングでした。
消耗する前の対策が重要な部分ですので、クライアント様も画像確認で、改めて納得されていました。



小型で高性能なのがうれしいですね。取り付けも考慮された端子のサイズはありがたいです。

モーターのブラシでのスパークも減ったような気がします。気のせいかも知れませんが・・・



リコイルギミックは、Lと同じですね。マガジン部分のサイズが違うだけですので、当然と言えば当然なのですが・・・(笑)


ご紹介の要素が濃い記事でした。
悪い内容と良い内容の混在ですが、参考になればと思います。


     COMBAT DOLL 店主 中根

  奥山デイズにて定例会レギュレーション)  次回未定

  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00
  定休日 日曜日 年末年始  他 臨時休業あり

  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です 
  返信はHPのメールサーバーよりさせて頂きます

    


Posted by コンバットドール  at 20:00Comments(0)商品ご紹介

2014年07月29日

オムロンスイッチ

COMBAT DOLL の店主です。

今回は小ネタです。

クライアント様から組み込み用に同送頂いたオムロンのマイクロスイッチです。



プッシュ部分が赤く、いつも使っているのとは違っていました。

品番も 「V-16-1A5」 となっていましたので、スペックを確認しなくっちゃ! と調べてみました。
(品番をクリックすれば、オムロンHPのスペック詳細ページに飛べます)

定格通電電流  16A  許容突入電流  40A  となっていました。
それと・・・ 品名の所に「ガードなし」

「ガードなし」ってなに? どこにガードが付いてたの??


と言うことで、いつもの物と比較をしてみる事に・・・



品番は 「V-15-1A5」 です。(リンク貼り付け)

定格通電電流  15A  許容突入電流  36A  となっていました。
品名の所には、「OF:1.96N」とありますが、これはボタン部分のテンションであり、どちらも同一でした。

「ガードあり」って書いて無い・・・  ガードってなに!? 絶縁? 端子のカバー? ・・・?


となってしまいました。

シゲシゲ見比べていて、もしかしたら・・・ っと思ったのが、ケースを封印するアルミのリベットが、「V-15-1A5」にはあって、「V-16-1A5」にはありません。

「これかっ!? これなのかっ!?」 っと無理やり納得させました・・・(苦笑)

電気系が不得意な店主ですので、スペックに表記されている専門用語も半分くらいしか理解できません。

可能な限り、自分で調べるのですが、余裕の無さと苦手意識で、この結果で諦めてしまいました。
間違っていましたら、どなたかコメントにて教えて頂ければ幸いです。

歳を取ったせいか、調べるのも下手になってしまったようです・・・(涙)
まあ、最初は老眼で数字が違っているのが解らず、ロットで違うだけなのかな? と思っていたなんて、とても言えませんが・・・(笑)

気持ち定格が大きくなっているスイッチですので、チューニングの仕様によっては、こちらを選んだ方が良い場合もありますね。
こんな仕様の製品があるのを、初めて知りました。

まだまだ、勉強が足りませんねぇ~(苦笑)


     COMBAT DOLL 店主 中根

  奥山デイズにて定例会レギュレーション)  未定

  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00
  定休日 日曜日 年末年始  他 臨時休業あり

  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です 
  返信はHPのメールサーバーよりさせて頂きます

  
  


Posted by コンバットドール  at 22:16Comments(0)商品ご紹介

2014年07月05日

Xabier エアダンパーピストンヘッド アフターパーツ

COMBAT DOLL の店主です。

本日は、小ネタで失礼します。

地元のパーツメーカーである、Xabierブランドから、ピストンヘッドに使用されているパーツの一部が、アフターパーツとして発売されたようです。



写真左:ピストンロッド  材質:真鍮製  重量:約0.5g

写真右:ウェイト  材質:ステンレス製  重量:約10g  ※旧世代用

となっております。

両方とも、メーカー希望小売価格は 1200円 (税別) ですね。 HPに跳ぶと、価格が確認できます。


ロッドに関しては、磨耗する可能性も高いですので、メンテナンスパーツとしての要素も大きいですね。



当店でも、ピストン重量の調整を行いますが、ウエイトの別売りはありがたいです。

従来のカスタムヘッドに追加できますので、取り付けのネジを10mm長い物に交換すれば、使用可能です。
リコイル感もアップしますし、圧縮比も高められます。

Xabierエアダンパーピストンヘッドが高額で、手が出し難いと思っている方で、カスタム済みのガンに追加装着したい方にも、重宝されるのではないでしょうか?


現行製品に追加装着も可能な製品がありますね。

ロッドの寸法は、全長 9mm  ボールヘッド外径 4.8mm  ナット部M3用 厚み1mm  閉鎖部(ボールヘッド外周)まで 約7mm

ウエイトの寸法は、外周 15mm  長さ 10mm

となっていますので、


(Laylax HP より転載)

Laylax製 ハイスピードピストン (メーカー希望小売価格 3000円税別) なら、ネジを15mm長い物に交換すれば、ロッドもウエイトも取り付けられますね。
(現在、メーカーサイトによると欠品中となっています。)

但し、ロッドのナット部分の厚みがありますので、合わせて使用しなければならないのは、


(製品画像 Laylax HP より転載 比較画像 Xabier 業者向けマニュアル より転載)

Laylax製 エアロシリンダーヘッド (メーカー希望小売価格 2400円税別 より)ですね。ピストンヘッドの当たり面は、中央部がすり鉢状になっておりますので、ロッドのナット部分は干渉しません。
また、ノズルの閉鎖ポイントになる入り口までの距離が、若干遠くなっていますので、ロッドのそのままの長さで使用可能です。
勿論、シムやワッシャーで延長も可能でした。

取り合えず、性能を試してみたい方には、良いかと思います。


現状では、Xabierさんの製品は、スプリングもLaylax製品の追加装着が必要になります。


(製品画像 Laylax HP より転載 比較画像 Xabier 業者向けマニュアル より転載)

Laylax製 EZスプリングガイド/スムーサー シリーズ (メーカー希望小売価格 2000円税別 より)
スプリングガイドのシャフトが細い物でないと、使用できない状況です。
自社製品の開発もされているようですが、現行では他社製品との併用か、既存品の加工での対応が必要なので、上級者向けのパーツになりますね。

地元メーカーの応援と、関連商品のご紹介、及び、当店コンセプトでは一番人気のダンパー効果の宣伝をさせて頂きました。


     COMBAT DOLL 店主 中根

  奥山デイズにて定例会レギュレーション)  未定

  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00
  定休日 日曜日 年末年始  他 臨時休業あり

  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です 
  返信はHPのメールサーバーよりさせて頂きます

  

  


Posted by コンバットドール  at 22:18Comments(0)商品ご紹介Xabier

2014年07月02日

PDR-C用 パーツ

COMBAT DOLL の店主です。

本日は、カスタムでの持ち込みパーツをご紹介させて頂きます。

まずは、これ。



マルイの純正HOPと同様に、ゴムチューブを使用できるHOPテンショナーです。

拡大画像はこちら。



純正品を水平に注意して削る事を思えば、あると便利なアイテムですね。

価格等は調べておりませんので、興味のある方は検索して下さい。


次は、グリップエクステンションです。



本体の質感と、同様な仕上げに感動です。 本家の製品なのでしょうか?



内部も容積が確保できるように工夫されています。

以前、見たことのある物は、レジン製の物でしたが、こちらの完成度は高いです。

ブランド、価格は調べておりません。


当方、ブログは書いているのですが、必要に迫られないと調べないと言う横着者だったりします。

興味のある方は、申し訳ありませんが、ご自身で検索頂きたいと思います。

上記の通り、市販されている製品に対しては、全然知識が足りていません。お客様に教えて頂く事の方が多いですね(笑)

明日は、このパーツが組みつけられる本体(PDR-C)のチューニング記事になります。

興味のある方は、明日を宜しくお願い致します。

本日も小ネタで失礼致します。


     COMBAT DOLL 店主 中根

  奥山デイズにて定例会レギュレーション)  未定

  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00
  定休日 日曜日 年末年始  他 臨時休業あり

  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です 
  返信はHPのメールサーバーよりさせて頂きます

  



  


Posted by コンバットドール  at 23:32Comments(2)商品ご紹介MAGPULL PTS PDR-C

2014年06月03日

MASADA用 Ace 1 Arms チャンバーブロック

COMBAT DOLL の店主です。

今回もライトなネタで、すいません。

MAGPULL PTS MASADA 用のチャンバーブロックです。

Raptors airsoft の物とは、微妙に寸法が違っています。アルマイトの仕上げもちょっと違って見えますね。



ポン付けで見れば、こちらの方がアバウトな寸法でしたので、組み易いと思います。
実際にポン付けすると、メカボックスとの隙間は残ります。



長穴部分の拡張を行って気密アップした場合でも、ルートの加工が必要無い状況でした。
その分、ショートタイプのノズルを使用する際には、調整加工が微妙なバランスになりますので、ノズルは純正状態での使用が良いと思います。

人気のある割には、パーツの少ない機種でしたので、最近になってパーツが充実し始めた感のある状況です。

詳細が重複になるのと、クライアント様の立会いの下のチューニングでしたので、簡単に追加説明のみとさせて頂きます。

CQBタイプでしたので、純正付属のインナーバレルを出口テーパーと仕上げ追加の通常HOP仕様。アウターバレルの位置矯正あり。
ノズルは樹脂製の0.7mm短いタイプに交換しての、チューニング。
メカボックス内部は、スイッチの交換とSBDの追加取り付け、シリンダー交換での容積調整とタペットプレートのスプリング交換。
スプリングは純正付属の物を使用し、スプリングガイドにスペーサーを追加して、初速90m/s未満仕様と言った状況です。

今回の調整で、集弾性の向上が図られた、どこのフィールドレギュレーションでも合格ラインの1丁に仕上がっています。

クライアント様によっての希望仕様は様々ですので、セッティングもいろいろですね。
MSADAの紹介も、何回目か忘れてしまいましたが、結局、同じチューニングで行ったのは、今のところ1丁もなかったりします。
個体差もありますが、だいたい見当が付くようになった感じです(笑)。


     COMBAT DOLL 店主 中根

  奥山デイズにて定例会レギュレーション)6月 調整中

  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00
  定休日 日曜日 年末年始  他 臨時休業あり

  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です 

  
  


Posted by コンバットドール  at 23:12Comments(0)商品ご紹介MAGPULL PTS MASADA

2014年05月24日

マルイ M320A1 ランチャー

COMBAT DOLL の店主です。

本日は、時間の都合で小ネタで失礼します。

先週お邪魔させて頂いた、 豊橋インドアフィールド「ハッスル」 で、思ったのが、ランチャーの脅威ですね。

感覚的には、ソードオフのショットガンなのですが、ゲーム中の存在感は大きかったです。

モスカートを使用した物でした。発射音とその後のBB弾の散乱音はすごかったです!

抑止力は絶大なイメージでした!?
(感覚の個人差がありますので、必ずしもそうでは無いですが・・・)


(ハッスル HP フィールド紹介 より 転載)

この空間に、「バシャッ! 」っと、BB弾がまとめて飛び込んでくるのは、かなり怖いです!?


マルイのM320A1



本体内リキッドチャージで、カートの重量も軽く済み、HOP無しなのが、集弾性を高めている分、インドアCQBでは威力を発揮しますね。



ストックも工具無しで取り外せますので、サイト部分やフォアグリップを外して使用すれば、大型ハンドガンサイズです。

カートも比較的安価ですので、数も揃え易いのも嬉しいです。

勿論、電動ガンでの装着使用でも楽しそうです!


次回行く時には、使ってみたいアイテムですね!


     COMBAT DOLL 店主 中根

  奥山デイズにて定例会レギュレーション)次回未定

  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00
  定休日 日曜日 年末年始  他 臨時休業あり

  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です 

  
  


Posted by コンバットドール  at 20:00Comments(0)商品ご紹介

2014年04月10日

MASADA用 Raptors airsoft

COMBAT DOLL の店主です。

本日も商品紹介ですが、MASADA用のパーツです。

クライアント様のお持ち込み品です。



M4タイプの調整ダイヤル仕様のチャンバーブロックですね。

HOPの微調整に対しては、この方が安心できる気がします。ノズルもチャンバーに合わせた製品になっています。

当店での取り扱いは、現在の所ありませんので、悪しからず・・・ になります m(_ _)m



チャンバーパッキン付き。加工精度は良好です。



HOPテンションのストロークも十分ですね。



ノズルはアルミ製で、エアシールもダブルになっています。



チャンバーとのはまりも良さそうです。

次回に組み込み記事を掲載します。


     COMBAT DOLL 店主 中根

  奥山デイズにて定例会レギュレーション)次回 5月下旬見込み
  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00
  定休日 日曜日 年末年始  他 臨時休業あり
  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です 

  

  


Posted by コンバットドール  at 22:22Comments(0)商品ご紹介MAGPULL PTS MASADA

2014年04月09日

G&G G2010 TAN (F2000) レビュー

COMBAT DOLL の店主です。

今回は、商品レビューになります。

クライアント様よりの持ち込みなのですが、カスタム仕様の選択に迷いがある為に、レビューで確認頂く目的でのアップになります。

個人的な見解も多分に入ってしまいますがご了承ください。誇張や批判の他意はない事を、予めお断りさせて頂きます。

G&G F2000ベースの「G2010 Hunter Ver」です。 スコープが標準装備のモデルですね。



クライアント様の理想は、遠距離(50~70m)でのスナイピングを可能にした、サイレント仕様です。

飛距離と精度については6mmBB弾の限界がありますので、細かい部分はカスタム記事の際に説明致します。

本体のレビューをして行きます。

まず、構えてみた時に、スコープの不備に気が付きます。



当然、個体差になります。スコープその物なのか、取り付けによる傾きかを確認します。
カバーは、簡単に外せますので、そこは親切な構造になっています。



傾きはスコープ内部でのレティクルのズレになります。位置決め用の突起の付いたクリップでの固定がされていて、調整用ネジの縦横はレシーバーに対して合っていますので、スコープに難有りと言った状況です。



HOP回転をかけるエアガンでは、スコープの傾きは致命的ですね。上図を参考にしてください。

交換してもらえるのなら交換して欲しいくらいの傾きですね。多分、交換は受け付けてもらえない可能性は高いと思いますが・・・(涙)

倍率も2倍くらいですので、スコープ内での弾道視認も難しいと思います。銃の性能を信じて撃つしかありません。
ですが、風(前後左右)や上昇気流(日陰と日向)などで、BB弾が流されてしまうので、風を読む為にももう少しの倍率と、もう少しの視野の広さが欲しい所です。

外観が変わってしまいますが、スコープの乗せ換えが可能なモデルですので、マウントベースを確認致します。



樹脂製一体の薄く成型されたマウントベースで、固定も2箇所で挟み込みでのネジ固定です。
上から押さえる分には問題ありませんが、左右のねじれに浮いてしまいます。大型の重量のあるスコープに乗せ換えるには、補強や作り直しが必要になると思います。
 スリングを取り付けるスイベルも樹脂製ですが、シャフト部分も樹脂ですので、ここにスリングを取り付けてゲームでの使用はお勧めできません。シャフトの補強とスイベルの交換が必要だと思います。



単純に、上記画像のような補修(補強)が、最低限必要ですね。
形状(デザイン)重視であれば、上記画像が最低限になるでしょう。

スコープの乗せ換えであれば、レール部分をアルミ製の強度のある物に変更して、加工取り付けをしたいと言うのが、個人的な意見です。



ハンドガードは、従来品からレールタイプへの変更がされていましたので、スリングはこちらに取り付けるのを、お勧め致します。
スコープを使用するのにも邪魔にならなくなりますし、強度的な不安もなくなります。別途パーツの購入が必要になりますが、その方が割安になると思います。



レシーバーの取り付けや、チャンバーの固定はかなりしっかりしています。個人的な見解としては、AUGやP90より優秀だと思います。

インナーバレル長は430mm弱ありますので、通常仕様であれば良いバランスです。インナーバレルの精度自体は、内面研磨の状況を見る限りは、マルイ製品の方が上ですね。カスタムする場合は、交換対象になります。



バッテリーの収納は、ストック後部になり、ミニサイズのバッテリー仕様です。
メカボックスの脱着は、P90方式ですね。



レシーバー内部には、メカボックス固定用のガイドシャーシがあります。位置固定には大きく貢献していますので、この辺もAUGやP90より優秀だと思います。
レシーバーフレーム自体も、左右モナカの完全2分割ですので、消音の為の緩衝材の挿入など、加工し易い状態です。
ただ、マガジンキャッチのリテンションスプリング(画像無し)は、ガイド増設が必要になります。使用している内に脱落してしまうようなはめ込みになっていますので、要注意です。

メカボックス自体は、P90のアレンジタイプです。



スプリングガイドは位置調整が可能で、ネジ込みの具合でスプリングレートの微調整が可能です。



スイッチ部分は側方に逃してある形ですが、P90の物をアレンジしてある構造です。



セミオートの際は、従来(Ver2)の接点部分を使用し、カットオフの機構でセミオートになるのですが、フルオート用の端子が別にあり、トリガーを引き切って、フルオート用端子の部分までスライドすると、従来の接点はカットオフされて、フルオート端子部分のみで通電される方式です。
マルイ純正品でも同様の仕様です。

ちょっと気になるのが、トリガーの引き方が甘いと、2段階で起電圧(高電圧)が発生してしまう構造になりますので、FETのような回路が耐えられるのかが、心配になります。
マルイ製品と比較すると、フルオート端子に行き着くまでのストロークのラグが長くなっています。追い討ちをかける可能性がありますので、危険な印象を受けます。

僕自身に知識が足りませんので、調べてみないと解らないのですが、FETの許容量は大きな物が必要になりそうです。



ノズルは上方に偏芯した位置にあります。エアダンパー仕様にする場合は、オリジナル加工品の取り付けとなります。

作動させて気が付いたのが、シリンダーヘッドのノズルの内径が3mm程度まで絞られていた状態です。ここまで絞ってあると、比較的高レートのスプリングが必要になってしまいますので、モーターやバッテリーのかかる負荷は大きくなっています。G&Gのモーターは、比較的おとなしい物が使用されていますので、バランスの再調整は必要になります。

シリンダーも穴あきの物が使用されていましたが、この状況を見て納得できました。430mm近いバレルサイズで穴あきシリンダーでは、容量が足りない筈なのですが、ピストンの前進スピードを確保の為の、いわゆる「流速調整」の為のセッティングが取られている状況でした。

作動の際に、スイッチ部分のスパークも大きかったので、負荷低減の調整を行うのが良いかな? と思える電動ガンでした。

本体自体の精度は良く、カスタムにも向いている銃だと思います。他の電動ガンと比較しても良い部類だと思います。
ただ、スコープの使用に関しては、補修及び加工が必要です。外観変更も已む無しであれば、スコープ乗せ換えの遠距離性能の上限を引き上げたチューニングがお勧めですが、外観を崩したくなければ、40m程度でのマンターゲットヒットくらいの調整が無難だと思います。

クライアント様、ご検討の上、ご連絡くださいませ。


     COMBAT DOLL 店主 中根

  奥山デイズにて定例会レギュレーション)次回 5月下旬見込み
  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00
  定休日 日曜日 年末年始  他 臨時休業あり
  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です 

  

  


Posted by コンバットドール  at 19:00Comments(0)商品ご紹介G&G

2014年03月15日

MAGPULL PTS MASADA パーツ検証

COMBAT DOLL の店主です。

今回は、MASADAのパーツとして発売されているパーツのご紹介です。

クライアント様の持ち込みパーツを検証させて頂いております。
それぞれで、一番良い物を使用して欲しいという希望でした。

要望スペックは、
  初速(適正HOPにて)93m/s前後
  30m先での安定した集弾性
  サイクルの向上(秒間20~22発)
  バレルアッセンブル脱着における、不安定要素の改善

と言う、持病持ちのMASADAには、なんとも、難しいカスタムでしたが、お時間を頂き、各パーツの組み込み検証をさせて頂いて、完全解決が可能になった次第です。

本日は、とりあえず、ご用意頂いたパーツの詳細を報告になります。
組み込んだ際のスペックは、それぞれの適正使用方法がありますので省かせて頂きますが、適材適所で使用すれば、各々の性能が発揮される製品となっていました。

まずは、「WII TECH」製



チャンバーアッセンブルのセットです。



少し長めのエアシールノズルと硬めのパッキンに精度アップされたチャンバーブロックがセットになっています。
0.2gBB弾をメイン使用の方は、パッキンはソフトな物(マルイ純正品レベル)に交換をお勧めです。
そのままの組み換えで、十分性能アップするパーツです。パッキンでの気密ロスが激減します。

今回のチューニングでは、当方の好みと要望スペックの実現の為、チャンバーのみ加工使用します。



HOPアジャスターです。
HOP用の鼓状のパーツが固定されないので、バレルアッセンブルの脱着の際に苦労をしてしまいますが、チャンバーとセットで使用(ハードパッキン)した際には、0.25gBB弾での安定感は出せます。ただ、HOPのセッティングの微調整が大変ですので、一度組み込んだら分解はあまりしない方にお勧めです。
メンテナンスの際の再調整がシビアですので、ご自信でメンテナンスのできる方なら大丈夫です。

次は、アクセスオーバーシースよりのHOPアジャスターです。



純正のシリコン系ソフトパッキンに対応している物で、ノーマルのテンションラバーの変形ムラを嫌う方にはお勧めです。
基本、V字HOPタイプに対応した形状をしていますので、純正状態での安定感の向上には良い商品です。
0.2g用の赤と0.25g以上用の青とのセットになっていますので、基本使用のBB弾重量に合わせて交換すれば良いですね。

そして、ノンブランド(NB)のジュラコン製ノズルです。



どこの製造なのか不明なのですが、素材を考えると、交換したいパーツなのですが、致命的欠陥がありました。
MASADA用かどうかも不明ですので、仕方が無いのかもしれませんが、ノズル長は0.8mm短い物になっています。
ノズルとチャンバーでの気密が取りきれていないMASDADAでは、そのまま交換しては使用できません。

ただ、今回のチューニングの方法で行くと、この長さでも可能になると判断しましたので、こちらのパーツの使用が前提になっています。
使用状況を考えても、アルミのチャンバーにアルミのノズルを使用することに抵抗感がありましたので、あえてイバラの道を歩みます。
(勿論、勝算があってのことなのですが・・・)

各パーツを純正品と比較しておきましょう。

まずは、チャンバーブロックです。



左は純正品ですが、チャンバーのガイドネジの長穴が、前方に延長加工されていました。メーカーでも欠点の改善策を施しているようです。
実際には、ここだけでは改善しきれませんが、向上はされているようです。
WII TECH 製のチャンバーブロックは、メカボックスとの接触が面当たりになり、安定感が増す為に使用します。ただ、そのままでは面当たりするまで届かない作り(本体の設計上)になっていますので、今回は加工して使用するのが前提です。



HOPパッキンは、純正品はシリコン系のソフトタイプで、V字カットのHOP仕様です。バレルアッセンブルの脱着の際に破れてしまうリスクが大きいので、一般的な二トリルゴム系のパッキンで、マルイ純正タイプの物に交換します。
当初はシステマ製の予定だったのですが、最終的にG&P製になりました。詳細はカスタムレポートの際に説明致します。



HOPアジャスターですが、使用するパッキンによって適正が変わってきますので、パッキンに合わせての選択使用がお勧めです。
純正V字カットHOPパッキンなら、アクセス製。 ハードタイプV字カットHOPパッキンならWII製。 ソフトタイプマルイHOPパッキンなら純正と言った具合ですね。BB弾の重量でも変わってきますので、任意で組み合わせてもらえれば良いと思います。
今回のチューニングでは、純正アジャスターを使用して、テンションラバーを交換して使用します。

そしてノズルです。



画像でも解ると思いますが、純正品との比較をしてみると、それぞれの違いがハッキリ出ています。
WII製のチャンバーとセットのノズルが、無難にチューンアップできるサイズになっています。メカボックスまで分解加工したくない方はこちらの使用が良いでしょう。
NB製のジュラコンノズルは、短すぎます。部品の交換のみのチューニングでは使用できません。当方のような捻くれ者向きのコアなパーツになります。せめて、純正と同サイズなら無難でしょうし、WII製と同寸なら普通の組み換えでの効果が発揮できたと思います。
ただ、今回のバレルアッセンブルの脱着ギミックを生かした上での安定感を得る為の加工では、使用可能と判断しましたので、ジュラコン製のノズルを使ったカスタムチューニングのレポートを次回に致します。

正直、解決策を見つけるのに、3ヶ月以上かかっています。それまでのMASADAの持ち込みを頂いた方のデータも反映されています。
解決策が閃くのに、随分、時間とサンプルが必要でした。歳を取って頭が固くなった証拠ですね。
やっと、スッキリしたカスタム仕上げができる所になりました。検証のお時間をくださったクライアント様、ならびに、MASADAのチューニングをして頂いたクライアント様には、厚く御礼を申し上げます。

個人的に不満の残らないチューニングができましたので、次回をご期待ください。


     COMBAT DOLL 店主 中根

  奥山デイズにて定例会レギュレーション)次回未定
  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00
  定休日 日曜日 年末年始  他 臨時休業あり
  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です 

    


Posted by コンバットドール  at 20:00Comments(2)商品ご紹介MAGPULL PTS MASADA

2014年02月11日

A+エアソフト 魔HOP

COMBAT DOLL の店主です。

2日ほど商品紹介が続いたので、こちらもレビューとして紹介しておきます。

最近は、システマのHOPパッキンも生産終了になり、マルイ純正タイプのパッキンが無い状況ですね。

勿論、海外メーカーの製品はあるのですが、ゴム質や付着しているグリスを考えると最後の手段にしたいところです。

当店では、個人的な見解として、電動ガン用ではこちらがお勧めになります。


(撮影の為、パッキンは裏返してあります。)

A+エアソフトの魔HOPソフト(硬度60)です。

画像の純正パッキンとの比較を見てもらうと解るのですが、HOPの突起部分が長くなって、面当たりになります。

KTW製のエアガンのパッキンはこれよりも長い面当たりになっているのですが、電動ガンへの転用ができる物ではありません。

それと、この突起はV字になっていて、HOPアジャスターの形状によって、圧縮テンションのかかりが変わりますので、チューブゴムでの使用(平面押し)と、2点押しタイプ(海外製品の一部やマルイVSRおよびGBBハンドガン等)での変化が楽しめます。

0.2gの軽量BB弾でも、良い弾道が得られますが、0.25g以上の重量弾での変化は大きいです。
パッキンに当たりが付くまで、若干の慣らしが必要ですが、極端ではありません。

流速チューンや当店のレンジアップチャンバーに不安があり、重量弾での飛距離を延ばしたい方にはお勧めです。
調整チューニングされた飛距離アップ仕様のカスタムガンにまでは及びませんが、純正比では結構変わります。
普通に交換するだけですので、パッキンの交換が簡単な機種で試してみれば、違いが解ります。

メンテナンスチューン依頼のあった、M14に使用していますので、明日はこれを組み込んだ記事のアップになります。


     COMBAT DOLL 店主 中根

  奥山デイズにて定例会レギュレーション)次回未定
  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00
  定休日 日曜日 年末年始  他 臨時休業あり
  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です 

    


Posted by コンバットドール  at 21:56Comments(0)商品ご紹介

2014年02月10日

Xabier コントラスプリング

COMBAT DOLL の店主です。

今日は昨日に引き続き、Xabier製品のご紹介になります。



今回は、「コントラスプリング¥3.200-」です。



スプリングが二重になっていて、内側と外側で巻き方向が異なっています。

当店では、ボルトアクションのチューニングで、この仕様にする場合がありますが、電動ガン用としては初めての製品だと思います。

正直、純正スプリングと比較してみると、レートは同じか弱いくらいに感じます。
スラストベアリングも内側用の径の小さな物が付属していて、カスタムヘッドには、付け替えで使用するようになっています。



マルイ純正のスプリングガイドでは使用不可能なサイズですので、カスタム品に交換の必要がありますね。
上の画像は、海外メーカーから外したスプリングガイドですが、シャフト径が細いので、そのまま使用できますね。
スラストベアリングも画像のように、ダブルで取り付けることも可能ですので、思ったより組み込み易そうです。

ただ、Xabierエアダンパーピストンヘッドとの同時使用がお勧めになっているようですので、その方が良さそうな感じです。
スプリングの強さから言って、テンション増圧をした方が安心な気がします。

頂いている資料には、マルイ純正スプリングのレートと同等のようですが、カスタムバレル(内径6.05mm長さ363mm)やエアダンパーピストンヘッドとの併用で、ちょうど良い初速になってくれるようです。

理屈上では、伸縮が直線になる為、効率良く圧縮して安定した初速が得られるはずですね。

定価が¥3.200-とちょっと高い気がしますが、スプリング2本とスラストベアリングのセットに専用のグリスが付属しているので、このくらいと言えばこのくらいなのでしょうか?

こちらにも、ピストンヘッドと同様にシールが付いていました。ラインナップが増えて、このシールを貼り付けたくなるようになってくれると良いですね。



何はともあれ、オーダーがあれば即、取り付けレポートを行います。
手持ちの電動ガンに組み込んで検証してみたいのですが、カスタムオーダーの受注分をクリアしてからになりますので、少々お待ちください。

メーカーさんの資料から判断する限りは、「お値段はしますが、良い物」ですね。なるべく早く試してみたいです・・・


     COMBAT DOLL 店主 中根

  奥山デイズにて定例会レギュレーション)次回未定
  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00
  定休日 日曜日 年末年始  他 臨時休業あり
  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です 

    


Posted by コンバットドール  at 22:43Comments(0)商品ご紹介Xabier

2014年02月09日

Xabier エアダンパーピストンヘッド

COMBAT DOLL の店主です。

昨日、一昨日と時間が取れず、更新できませんでした。ごめんなさい。

今回は、地元の浜松で、エアガンのパーツを製造し始めた会社があり、そこの商品のレビューをさせてもらいます。

 Xabier コントラスプリング と エアダンパーピストンヘッド の2点が昨年末から発売されています。



地元のしがらみもあり、当店のお客様でもあった方々の製品ですので、ご紹介となります。

今回は「エアダンパーピストンヘッド¥5.800-」の方です。



開封すると、台紙の裏側にも印刷があり、歴史の教科書で見たような感じの絵(笑)のステッカーが入っています。サービス品なんでしょうね。
個人的にはいらないかな?ステッカー・・・ まあ、ブランド的な戦略もあるのでしょうね。こういうのが好きな方も多いと思います。

当店で行っている、エアブレーキ兼二次加速ロッド仕様のピストンヘッドと比較してみます。



左がXabier製品、右が当店のバリエーションの一部です。
実は、今までボカシを入れて公開をしていなかった部分ですが、今回から類似品の発売となりましたので、オープンに致します。



当店では、ノーマルやカスタム品に、チューニングに合わせて加工取り付けをしています。仕様によってサイズを変更して取り付けています。
ピストンヘッドに伴い、ウエイトの調整やシリンダーヘッドのノズル内径の調整も行っています。

Xabierエアダンパーピストンヘッドは、シリンダーヘッド側の加工を要さず、ロッドの長さ調整ができる機構は良いですね。スプリングワッシャーや、電動ガン用のギアの軸に使うシムを使って容易に調整ができます。ロッド取り付けのナット部分がネックになっていたのですが、ピストンヘッドの面を段付きに掘り下げることでクリアされています。
純正スプリングのレートから使用可能なのも、当店のチューニング品と同様ですね。



それと、ウエイトがいいですね。当店でのチューニングの際に一番悩む部分で、流用パーツを用意する手間が省けます。



スラストベアリングも同時装着できるので、ピストン重量の増減の調整が非常に楽になっています。
スプリングガイドの長さとの調整もしてくれてあり、ノーマルのスプリングガイドや国産のカスタムガイドなら問題無く取り付けられる寸法になっています。ただ、一部海外製品には長めの商品もあるので、組み込みの際には確認が必要です。画像の黒い方はG&Pのシンプルな方のガイドだったと思います。

価格は・・・ちょっと高めに感じますが、生産量の関係でだと思います。こう言った物は生産量でのコスト差が大きく反映しますので仕方なしと言った所だと思います。

ちなみに当店のカスタムだと、2000のカスタムヘッドをベースに取り付け加工をした場合にプラス3000ですので合計5000が基準になるくらいです。

ロッドの長さ調整にコツが必要になるのですが、当店の方はケースbyケースです。Xabierは、最短で初速もダンパー効果もバランス良くなる長さになっているので、ダンパー効果を上げる(初速の制限をする)のに、シムを足していけば良いと言う触れ込みで、スプリングのレート調整も楽になるようにしてくれてあります。

とりあえず、シムとワッシャー抜きで組んで、気に入らなければ、追加して行くようにすれば問題無く行けますね。

頂いた組みつけ方法の説明書には、マルイの純正品のシリンダーヘッドのノズルに対応しているようなので、海外製品に組む場合はシリンダーヘッドの交換が必要になると思います。Laylax製のカスタムヘッドには対応できるそうです。

組み込みレビューは、後日、コントラスプリングと合わせてやっていきますので、効果の気になる方は、お楽しみに・・・

明日は、スプリングの方のレビューになります。


     COMBAT DOLL 店主 中根

  奥山デイズにて定例会レギュレーション)次回未定
  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00
  定休日 日曜日 年末年始  他 臨時休業あり
  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です 

    


Posted by コンバットドール  at 23:03Comments(0)商品ご紹介Xabier

2013年04月06日

昔のパーツですが・・・

 COMBAT DOLL の店主です。

 今回は、昔のパーツで、どうにか生かせないかな~?と言うパーツです。
 (小ネタの連発ですいません・・・)



 エンゼルで発売していた、サイレントヘッドセットです。

 このパーツ、確かに静かになるのですが、吸盤タイプのダンパーになるので、ピストンが後退する時にノズルからエアが吸引されてしまいます。

 360㎜クラスのバレルで、秒間15発のサイクルの銃でも初速が10m/sくらい減速させられます。

 スプリングのレートで初速のカバーはできますが、整流効果の悪影響は消えません。PSG-1のバレルのように切り欠きを作ってエアの吸入口で、バレル内への影響を緩和するしかないのが現実で、どの程度までよくなるかはやってみないと解りません。



 ノズルの出口を塞いでおけば、この通り吸盤そのものです。

 性分から「もったいないオバケ」が見えてしまうので、どうにか工夫して、最大の効果が得られるように使ってみようかと思います。

 Ver.2用とVer.3ロングと2セットあるので、ちょっと試してみます。

 続編は、今月のどこかで・・・


 おまけ・・・(画像はありません)
 本日、お客様からVFC製の417を見せて頂き、中身まで見せて頂きましたがなかなか良い製品でした。
 ピストンヘッドの8つ穴の物を、6つ穴のカスタム品かマルイノーマル穴あけ加工品に交換すれば、安定した初速で、普通に使えます。その時にピストン重量もマルイ純正と同等が良いでしょう。


 COMBAT DOLL 店主 中根

  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00 
  定休日 日曜日 
  年末年始 他 臨時休業あり  
  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です

   


Posted by コンバットドール  at 23:07Comments(0)商品ご紹介

2013年04月05日

気泡管キーホルダー

 COMBAT DOLL の店主です。

 今回は小物のご紹介です。小ネタですいません。

 気泡管キーホルダーですが、DIYの計測ツールコーナーに置いてある、水平レベルを確認する為のツールです。

 買い置きが無くなってしまったので、本日販売店に立ち寄って購入してきたのですが・・・



 今までは、画像左のシンワ製の物を使用していました。最近、流通価格も下がっているようです。
 以前は800円前後だったのですが、今は500円前後です。

 それと右側は100円の品です。歪みも無いのでこれなら良いと思って、数個購入してきました。

 帰ってから、よく見てみるとガラス管では無く、ホールにアルコールを入れてフタをしてあるタイプで、安いのも納得のできでした。

 レベルとして使う分には十分ですが、何かの拍子にフタが外れて壊れてしまわないようにしなくてはいけませんね。エアガン用に細工する時は、取り付けの穴あけを注意して、フタの部分も追加シールをする必要がありますね。シリコンコーキングして、成型してゴム張りですね。

 追加処理を考えると、チマチマこさえていると、100円くらいしか安くできそうにありません。まとめて作っておくのが良いのですが、シリコン1本分使う量を考えると500個くらい作らないとダメそうです。

 購入品は、通常に使用して、シンワ製で加工するのが良さそうです・・・。

 ちゃんと、確認して買わないとダメですねぇ~(笑)


 COMBAT DOLL 店主 中根

  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00 
  定休日 日曜日 
  年末年始 他 臨時休業あり  
  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です

 

  


Posted by コンバットドール  at 20:00Comments(0)商品ご紹介

2013年03月29日

ガンケース ノンブランド イーグルタイプ

 COMBAT DOLL の店主です。

 今回はチョイネタで申し訳ないです。

 お客様のオーダーで取り寄せしたのですが、

 「イーグルタイプ ガンケース」35 なのですが、長さは95cmくらいあるのですが・・・

 

 幅は23cmだったので、かなりスマートなサイズでした。

 家の看板犬はビックサイズなので、余計に小さくみえるのですが、イメージより一回り小さかったので、思わずご紹介です。

 高額サイトの付いた状態では収納できそうにないですね。


 COMBAT DOLL 店主 中根

  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00 
  定休日 日曜日 
  年末年始 他 臨時休業あり  
  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です

   


Posted by コンバットドール  at 20:00Comments(0)商品ご紹介

2013年02月28日

マニアック、ショットガン 「イサカM37ライアット」

 COMBAT DOLL の店主です。

 取り寄せのエアガンが入荷しました。

 KTWのイサカM37ライアットです。



 マニアックな銃ですが、個人的には好きなアイテムです。

 以前ご紹介した5発チャンバーへの加工予定品です。
 今回はバレルも長いモデルですので、集弾性も以前の試射の状態くらいだと予測しますが、ちょっと、ひねりを加えてレンジアップ気味にしてみようかと思っています。

 後日、レポート致しますので、お待ち下さいませ。

 それと、ブログのカテゴリーを詳細分け致しました。
 過去記事に御用のある方は、活用して頂ければと思います。
 まあ、自分自身が今回の記事の様にリンクを貼る際に、探すのに一苦労だったので詳細分けを必要にせまられたからなだけなんですけどね。


 COMBAT DOLL 店主 中根

  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00 
  定休日 日曜日 年末年始 他 臨時休業あり  
  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です

   


Posted by コンバットドール  at 20:39Comments(1)商品ご紹介

2013年02月22日

イーグル製 フラッシュタイプマガジン M4系

 COMBAT DOLL の店主です。

 今回は商品レビューです。

 安かろう悪かろうで、今まで避けていたのですが、今回初めて手にしました。

 イーグルフォース製 M4用 フラッシュタイプマガジン 360発 です。



 上に通常サイズのマガジンを、重ねて乗せてあります。
 リアルサイズの為、2cmくらい長くなっていますので、ガンに装填した時も長めになります。



 プラの成型も、思っていたより良く、キレイに仕上がっています。
 ワイヤーも、糸では無く、ちゃんとワイヤーが使われています。

 ただ、プレス成型のマガジンケースは厚みのムラがあるようで、フレームのメーカーでの違いで入り難いブランドがありそうです。G&Pはちょっとキツメですが、十分使えました。
 マガジンその物の個体差もありそうですが、まあまあ行けそうな感じです。

 弾送りもイーグルのボトル入りBB弾はOKでした。

 これなら、意外と良さそうですね。

 ちょっと様子を見たいと思います。

   


Posted by コンバットドール  at 20:00Comments(0)商品ご紹介

2012年12月27日

イーグルフォース M203

 COMBAT DOLL の店主です。

 今回は商品紹介です。

 イーグルフォースさんで販売されている、「M203グレネードランチャー」希望小売価格12,800円(税別)です。



 お客様の要望で、今回初めて取り寄せ致しました。価格が安いので、どんなものかと思いましたが、結構良かったです。

 20㎜レール対応パーツと、マルイ純正品対応の取り付け基部がセットされており、QDアタッチメント仕様でこのお値段!良いですね!!

 G&P製のフロントパーツが組まれているM4に取り付けた所、ガタ無くカッチリ付きました。



 QDアタッチメントの位置が、わずかにフロント側にズレていますが、あまり目立ちません。

 カートをホールドする板バネの素材も気になりますが、機能は問題ありませんでした。

 これで、このお値段は魅力的です。

 メーカー在庫も残りわずかのようです。ご希望があればお取り寄せ致します。

 COMBAT DOLL 店主 中根

  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00 
  定休日 日曜日 年末年始 他 臨時休業あり  
  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です

 
  


Posted by コンバットドール  at 20:00Comments(0)商品ご紹介

2012年12月15日

バッテリーチェッカー

 COMBAT DOLL の店主です。

 昨日はPCの調子が悪くて、更新ができませんでした。

 今日は、メンテナンスとして、バッテリーチェッカーの話を少々と言った所で・・・

 当店で使用するのは 「option-no.1」 さんの商品で税抜き価格2,190円の商品です。



 基本的に各種7セルまで対応したバッテリーチェッカーです。

 リチウム系は各セル毎の状態をチェックでき、ニッカドやニッスイも電圧から、概算して残量を計算してくれます。



 エアガンの性能の一部として、バッテリーの性能も関わってきますので、チェックできるのはありがたいですね。

 ニッケル系のコネクターは付属しておりませんので、こちらで組んだ物ですが、あると便利です。

 COMBAT DOLL 店主 中根

  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00 
  定休日 日曜日 年末年始 他 臨時休業あり  
  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です

   


Posted by コンバットドール  at 18:57Comments(0)商品ご紹介