スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年03月08日

Xabier 仕様 LCT 74U

COMBAT DOLL の店主です。

今回は、引き続き「Xabier」パーツを組み込んだチューニングの紹介です。

こちらのクライアント様もブログを見て、試験装着を名乗り出て頂きました。
ありがとうございます。

要望は特に無く、どうなるのか試してみたいと言う事で、ベーシックに組み付けて行きます。



LCT製の74Uです。

ショートバレルと独特のハイダー形状で、発射音に個性のある個体ですので、変化の具合が楽しみです。



まずは、分解してメカボックスを引っ張り出し、中身を確認です。

シリンダーヘッドに違和感があるので、よく見てみると・・・



V2の形状になっています。試しにLCTのヘッドをV3のメカボックスにはめてみたのですが、やはり穴のサイズと位置が違ってガタが出ます。
V3用のヘッドは、はめ込めません。
当方、初めて気が付きました。



ピストンはそのまま使用しますので、ヘッドのみ交換します。
ピストンの内径は、ウエイトブロックが入る、ギリギリのサイズでした。
ピストンヘッドのスラストベアリングは、インナースプリング用の物と入れ替えでの装着です。
ロッドのワッシャー類も付属の状態で使用します。



組上げた後に、シリンダーヘッドのノズル内に、ロッドが素直に入ってくれるか確認です。
シリンダーヘッドは、マルイ純正に交換です。LCTの物は内径が細くなっているので使用できません。
今回のシリンダーヘッドは、バリ取りの必要は、ありませんでした。



シリンダーはそのまま使用します。ホール部分にバリが出ていたので、仕上げ直しをします。
シリンダーのグリスは、Xabier製のイエローグリス(シリンダー用)を使用します。こちら、パッケージの変更があって、実質の発売は本日からになっていたようですね。



タペットプレートもそのまま使用。これは、製品の仕上がりはきれいな状態で、国産品と遜色がありません。
ノズルもエアシールタイプとなっており、仕上げも同上です。



スプリングガイドは、マルイ製のコピーでしたので、コントラスプリングが使用できない為、Laylax製(旧型)のスプリングガイドに交換です。



レール部分等の研磨をして、各所、グリスアップして組上げて終了です。



インナーバレルは、約10mmほどカットして、出口をテーパー加工しました。独特のハイダー内で、音の反響をよくするのと。サイレンサー素材を入れた時の効果を高くして、音のギャップを楽しめるようにしました。

実際、インナーバレルは265mmサイズになるので、銃口からの発射音の減少は少なく感じます。
ハイダー内部にスポンジを入れたサイレンサーにすると、かなり小さい音になります。スポンジ無しだと、甲高い小気味良い音になりますので、気分で仕様変更してもらえればと思います。

初速は86m/s±1m/sで、初速も安定しています。ロッドのシムワッシャーを抜くと、90m/s前後になりますので、このバレルサイズだと、上々と言った所だと思います。

クライアント様、お待たせ致しました。


     COMBAT DOLL 店主 中根

  奥山デイズにて定例会レギュレーション)次回未定
  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00
  定休日 日曜日 年末年始  他 臨時休業あり
  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です 

    


Posted by コンバットドール  at 20:15Comments(0)LCTXabier

2013年04月03日

オーバーホール LCT AIMS

 COMBAT DOLL の店主です。

 昨日は私用で時間が取れず、つなぎで申し訳ありませんでした。

 今回は通常です。

 LCT製のAIMSのメンテナンスです。

 クライアント様から、「集弾性が悪く、安定しないので見て欲しい。」との事でしたが、購入してからの使用は少ないのですが、購入店の保障期間が過ぎているということで、当店に持ち込みメンテと言う事になりました。

 Guarder製・INOKATU製・ダイナミックスター製と経て、現在LCT製で落ち着いているAKシリーズですが、どんどん改良され、リアルになってきていますね。小物の分解は実物同様です。
 惜しむらくは、素材の良し悪しだけですね。INOKATUまでの鋼材は錆び難く硬かったです。確かに金額が違っていますので、仕方の無い話なんですが・・・。



 アウターバレルの固定以外の、ハンドガードの分解は、実物同様です。
 ただ、サイトブロックの固定ピンは相当堅いのですが、何度も分解を繰り返すと緩くなってしまいそうで、あまり頻繁な分解作業をしない方が良いと感じますので、耐久性のあるメンテナンスが楽なチューニングがお勧めになりますね。

 で、飛びが安定しないと言う事で、チャンバーとバレルを確認します。



 チャンバーの樹脂成型はイマイチな状態ですので、本来ならマルイ純正品への交換をお勧めするレベルです。内径も大きく、バレルとパッキンのはまりに、ガタが見られます。
 インナーバレルの上面が削り込んでありましたので、なまずタイプのプレッシャーラバー(押しゴム)が組まれていると思ったのですが、パッキンもプレッシャーラバー(押しゴム)も純正仕様でした。
 PSG-1と同様にしたかったのでしょうか? 教えて頂いた購入店のHPも確認致しましたが、基本的にロングレンジチューンとなっておりましたので、ちょっと悩んでしまいました。
 PSG-1と同様であれば、ロングレンジ化されている訳では無いと思ってしまいました。PSG-1を使った事のある方ならお解かり頂けると思います。バレル長の関係もありますが、メカボックスでのオーバーパワーを逃がすだけの削りこみの様ににも見えます。初速調整の為に削り込んで、後々、パッキン系の変更でロングレンジ化し易くしてあるようにも思えます。



 参考までに、切り込みの長さや削り込みが比較できる様に、並べてみました。
 各ショップは把握しておりますが、ここでの公表は遠慮させて頂きます。
 実際、各ショップの試行錯誤が読み取れますね。チューナーさん達の日々精進の成果ですね。



 ギアボックスは綺麗な状態です。バレルの加工に合わせてバネレートが強いのか、日本向け仕様にする為にバレル加工がされたのかは、判断ができない状況です。
 ただ、問題点は、シリンダーの外周部分でタペットプレートが削られてしまっている部分です。
 放熱効果を狙ったフィンが大きめなのと、タペットプレート用のスプリングのフックループの位置が悪いので、相乗効果で削っています。シリンダーとスプリングを交換した方が望ましいでしょう。
 分解の際、逆転防止ラッチを解除しても、タペットプレート(ノズル)が戻らなかったので、影響が大き過ぎます。もしかしたら、ノズルの閉鎖ができなくて、吐出が安定しなかったかもしれません。

 総合的には、良い製品なのは間違いありませんが、意外と細かい所で補正が必要な状況です。個体差もあると思いますが、やはり、海外製は使用前に分解整備が必要なのかもしれませんね。


 COMBAT DOLL 店主 中根

  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00 
  定休日 日曜日 
  年末年始 他 臨時休業あり  
  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です

   


Posted by コンバットドール  at 22:48Comments(2)LCT