スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2015年03月08日

L96 チューニングアイテム 試射検証

COMBAT DOLLの店主です。

昨日の続きになります。

L96のチューニング結果になる試射報告です。



サイレンサーの有無では、長距離での弾道安定感が多少変わってきます。

銃口部のサイレンサー取り付けネジの窪みでの影響になりますが、無風に近い状況なら、差は少ないです。
風がそよぐと感じられるくらいだと、変動がハッキリ解るようになります。

窪みの部分に、吹き溜まりができる環境になり、発射されたBB弾に影響を与えます。

実質的に、

・何も無し
 発射音は「パチンッ!」と言う破裂音になる。
 ネジ部の窪みが、音を拡散反響し、ネジ山での乱流(渦)も発生してBB弾の回転に影響を与え易い。



 ネジ山はピッチが細かいので、影響は僅かではあります。
 サイレンサー未使用なら、マズルキャップ(ネジ無し)の方が良いと思います。

・サイレンサーアタッチメントのみ
 発射音は「プチンッ!」と言う感じの通常音。アタッチメントとの内径と距離が整流効果を出す。



 内径6.03mmのインナーバレルから流れ出るエアとBB弾が、一時拡張(内径7.5mm・長さ26.5mm)空間で、エアの流れとBB弾の位置を整えてくれています。
 シリンダー容積とバレル容積がこの部分で最適になるという状態です。
 吐出量や流速がオーバーバランスの場合は、この空間でも加速されます。

・サイレンサー付き
 発射音は「プシュッ!」と言うエアの圧縮音。
 整流効果を発揮するアダプターを通過し、サイレンサー内部の保護空間で、BB弾回転が安定して、ベストバランスでの射出が安定し易い。

 但し、サイレンサーの取り付けが、キレイにセンターが出るようにしてあげなければいけません。
 先の画像のアダプターのシールテープは、試射の為に簡易的にセンター出しをしています。

インナーバレルが短かい為に、バランス取りが難しいのが現実になります。
弾道を安定させる為のガイド(バレル)が短くなれば、初期待機部(HOPチャンバー)の精度が重要になります。
HOPチャンバーでの回転の掛かり方を安定させなければ、精度は上がりません。
また、吐出量がオーバーバランスになり易いので、銃口から射出されたBB弾に、追い掛けてくる余剰吐出圧で、悪影響を与えてしまうリスクが付いてまわると言う事です。

解り易く例えるならば、置いてあるピンポン玉に、ホースで水を当てて、思い通りの方向に飛ばそうとする状況が、銃口で起こっている訳です。
勢い良く水を出せば難しいですが、弱めればある程度やり易くなります。

前置きが長くなってしまいましたが、インナーバレルでの比較をしてあります。

マルイ、純正バレル使用時 内径6.08mm 205mmにカット 出口テーパー加工 入口仕上げ直し


注) 試射の際、腰痛での集中力を欠いている状況もあり、正確性は若干低下していると思います・・・m(_ _)m

マルイバイオ0.25gで浮き上がりを抑え目にしたHOP調整を行い、調整を変えずに試射しています。
ターゲット距離 12m スコープ倍率 6倍 屋内 初速 各重量で78m/sくらい(重量での初速差はほとんど出ない状態)
サイレンサー取り付け無し。バイポットやスタンドは使用せず、クッションに乗せての人力固定 各5発

G&GのBB弾は、若干相性が良くないようです。
0.28gでのバラつきは、回転が不足して、安定しきっていないと言った状況です。
HOP調整を改めて、0.28gで行えば、もっと良い結果だ出ますが、使用しないつもりでしたので、省略しました。

Laylax、アウターバレルセット品 内径6.03mm 205mm長 加工面再仕上げ 最終調整状態


注) 腰痛は改善され、集中力は通常。

0.25gでの試射
 G&Gバイオ0.25g(78m/s)にてHOP調整し、マルイバイオ弾(80m/s)も同一HOP調整。飛距離をある程度優先した若干の浮き上がり弾道。
0.28gでの試射
 G&Gバイオ0.28g(80m/s)にてHOP調整し、マルイバイオ弾(80m/s)も同一HOP調整。浮き上がりを抑えた精度優先弾道。
試射環境は同一 12m 6倍 クッション上での人力固定 各5発

マルイの0.25gに関しては、サイズが若干大きいようです。初速差とバラつきからの推測です。

G&G製のBB弾を基本使用されると言うことで、それに合わせた調整をしております。
クッションを使用しているのは、打撃振動を逃す方が、射手のブレより影響が少なかったからです。
正直に言わせて頂くと、僕のスペック(射手としての)も結果に含まれていますので、参考としての試射結果です。

水平儀を確認して射つと言う作業は、機種が変わって、位置も変わってだと、結構大変です。
集中力が発揮できないと、銃のスペックが発揮できないですね。



屋外での試射については、画像がありません。カメラを忘れてしまい、記録画像がありません。ごめんなさい!

参考ですが、HOP調整での飛距離をソコソコとする場合は、浮き上がりの上昇を1m以内として見ています。
距離と精度を両立の場合は30cmまでとして見ています。

どちらのセッテイングでも40mまでの、ほぼ直線弾道を前提として調整させて頂いてますが、風向き(特に向かい風の場合)によっては浮き上がりが早くなってしまいますので、お気を付けください。追い風の場合は、自分の視力では、スコープでも見えなくなってしまいますので、実質の最大飛距離は不明です。
40mまでのヘッドショット・50mまでのマンショットが可能とはなっておりますので、ご安心ください。

風を読まなければいけないと言う、本物のスナイパーさながらになりますが、横風には、水平儀をみて傾きを調整することで対応可能です。
いろいろな状況で、曲がり具合と傾きのバランスが解ると、横風は怖くなくなります。向かい風だけはどうしようもありませんが、癖を掴んで頂ければ幸いです。

今回のチューニングは、昨日の記事の分も含めて以上になります。

クライアント様、随分長い期間お待たせしてしまい、ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。
記事の内容で、ご質問等ありましたら、連絡頂ければと思います。
気の済むまでのチューニングをさせて頂き、ありがとうございました。



参考 サイレンサーのカスタマイズ

アルミパイプを使用して、出口を8mm直径に絞り込んでいます。
発射音の減音効果 大

スナイパーのアドバンテージを上げる為に有効です。発射ポイントを不明確にさせます。

参考 左利きの射手用のレベル取り付け(VSR-10)

ハイマウントを利用して、下方右側に固定取り付け

レベルに関しては、左利きの方用の取り付けも可能です。




     COMBAT DOLL 店主 中根

  奥山デイズにて定例会レギュレーション)  次回未定

  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00
  定休日 日曜日 年末年始  他 臨時休業あり

  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です 
  返信はHPのメールサーバーよりさせて頂きます

  
  


Posted by コンバットドール  at 20:00Comments(0)サイレンサー

2013年06月11日

サイレンサー内でのBB弾の接触

 COMBAT DOLL の店主です。

 久しぶりのGUN本体関係の記事ですね。

 本体はVSR-10Gスペックですが、サイレンサー内部でBB弾が接触して破損しています。



 電動ガンでも良くやってしまう症状ですので、簡単に説明をさせて頂きます。

 解りやすく、図にしてみました。



 インナーバレルから抜け出したBB弾は、通常バレルの延長線上に飛んで行きます。

 ケース1 センターズレ(図説上部)
 サイレンサーとインナーバレルのセンターがズレてしまっていると、BB弾が内部に接触してしまいます。
 加工精度の出ていない粗悪なサイレンサーやアウターバレルの場合、ネジ部分が原因でなってしまう場合が多いです。
 特に、アウターバレル→ハイダー→サイレンサーと言った、3段階の物は要注意ですね。付けてみると明らかに曲がって付いているのが見て解る物が多数あります。ジョイントが増えれば、その分だけ誤差が増幅されてしまいます。
 また、ネジが緩んでしまって、傾いてしまう場合もあります。正ネジから逆ネジへの変換アダプターなどは要注意ですね。締めたつもりが緩めてしまう場合もあります。

 新しいサイレンサーを取り付けたら、HOPが変わってしまったり、初速が落ちてしまった場合は、まずこれです。矯正が可能であれば良いですが、ダメな場合はサイレンサーを諦める方が懸命です。

 ケース2 HOPのかけ過ぎや動き(図説下部)
 サイレンサーの取り付けはしっかりできているのに当たってしまう場合は、HOPをかけ過ぎてしまって、サイレンサーの内部でHOPがかかってしまい、内部に当たってしまう事もあります。
 流速チューンなどでは、良く見られるパターンですね。短いインナーバレルで空走距離が多かったり、やたら長いサイレンサーの場合にやってしまい易くなります。
 サイレンサー無しで弾道調整を行い、サイレンサーを付けた時との違いを確認してからの使用をしてください。

 それと、射手の動きが大き過ぎて接触する場合もあります。ボルトアクション等の場合は少ないのですが、電動ガンで連射時には結構やってしまう場合が多いです。
 移動する(逃げる)敵に対して、追い駆けるように連射状態で銃口を動かしてしまうからですね。発射サイクルや初速でも変わってしまいますが、サイレンサーの長さが10cm以上ある物は、射撃中に動いてしまえば、接触しないまでも、必ず弾道に影響が出ます。

 サイレンサーを付けて、飛びがおかしいと思ったら、確認してみてくださいね。

 上記の現象は、インナーバレル内部でも起こっています。長いバレルの方が良いイメージをお持ちの方も多いと思いますが、長過ぎるのは、射手の技量も要求されてしまい、的撃ちでは当たるのにゲームでは当たらないという症状に悩まされてしまう方も珍しくありません。
 的撃ちは落ち付いて狙いを定めてじっくり撃てますが、ゲーム中はそうは行きません。無理な姿勢での射撃や反撃に備える緊張感で、身体に余分な力や動きが加わります。

 僕自身の経験上、40cm前後のインナーバレルサイズが、ゲームでは使い易いと思います。不安定要素てんこ盛りのゲーム中では、手振れの影響が大きく、50cm以上のインナーバレルでは逆に精度を落とす運用になってしまいました。
 VSR-10の43cmのインナーバレルは、ゲームには最適サイズだと思います。

 性能を考える時は使用環境にマッチングさせたチューニングが良いと思いますよ。


 クライアント様のサイレンサーをお借りしての記事でしたが、本体(VSR-10Gスペック)の触りも簡単にあげさせて頂きます。

 303㎜のインナーから、430㎜のインナーへ換装して、レンジアップチャンバー仕様でのチューニングでした。
 基本工程はこちらを参考にしてください。
 VSR10Gスペック その1 チューニング 編 VSR10Gスペック その2 カスタム編
 普段当たり前の様にやっていたので、問い合わせがあるまで説明した事が無かった部分として、シリンダーのカット面の仕上げ直しがあります。



 内側に対してバリが出ていることが多いこの部分は、ピストンのOリングやカップに対して悪影響がでるので、研磨バリ取りは必須です。セットピンに対してのあたりもありますので、作業としては前提の部分です。

 それと、シリンダーヘッドの裏面の加工ですが、ノーマル形状との比較がありませんでしたので、画像をあげておきます。



 基本、ノーマルスプリングを基準として、隠れた(抑えられた)性能を引き出すチューニングです。
 実射して頂き、性能差を堪能頂ければと思います。

 インナーバレルがサイレンサーの半分以上まで来ていますので、サイレンサー内部での干渉はもう起こらないと思います。

 ゲームでの活躍を期待しております。


 COMBAT DOLL 店主 中根

  7月21日 奥山デイズにて定例会レギュレーション)あり
  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00
  定休日 日曜日 
  年末年始 他 臨時休業あり(7月6日土曜日)  
  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です

 
   


Posted by コンバットドール  at 22:55Comments(1)VSR-10サイレンサー

2012年10月10日

サイレンサーのチューンナップ

 COMBAT DOLL の店主です。

 今度の日曜日は奥山デイズで定例会です!! 宜しくお願い致します。


 さて、今日もチョイネタです。

 発射音を減らすサイレンサーもチューンナップできるんですよね。

 但し、精度の悪い銃や、ガタが大きい物は止めた方が良いです。

 消音材の変更も一つですが、効果が一番大きいのは、

  「出口を狭くする」事です。



 僕が使っているAPSのサイレンサー「KM企画外径27mm長さ158mm」ですが、出口にワッシャーを貼り付け、8mm径にしてあります。

 M6用のワッシャーをそのまま(内径約7mm)使った時には、手振れで、弾道が狂ってしまいました。完全固定での射撃は問題無かったのですが、実際のゲームでの使用は、僕の力量が足りませんでした。

 よく、細いサイレンサーは音が消えないと思われていますが、出口さえ絞ってしまえば、効果は絶大です。ボルトアクションライフルでは、音の違いは歴然とします。

 ただ、電動ガンでは駆動音が耳元でしてますので、サイレンサーの効果が解かり難いのと、振動も大きく、手振れも出易いので、あまり出口を絞れません。各社のサイレンサーの出口が10~12mmあるのはそのせいです。

 インナーバレルのブレ止めと、センター出しをして、セミオートで使うのなら、インナーバレルの出口から、10cmまでのサイレンサー出口であれば、8mmまで絞ることは可能ですが、最近の流速チューンの様な、BB弾に高回転を与えて飛距離を伸ばすカスタムには対応できません。サイレンサー内でホップアップしており、必ず出口で当たります。

 興味のある方はお試しを!

 COMBAT DOLL 店主 中根

  営業時間 月曜日~土曜日 19:00~21:00 
  定休日 日曜日 年末年始 他 臨時休業あり  
  TEL 053-450-3308 FAX 同番
  メール info@combatdoll.jp
  ミリブロのメッセージからでも大丈夫です

   


Posted by コンバットドール  at 20:00Comments(2)サイレンサー